九回表のウィニングラン、天皇賜杯決勝戦・勝利。 2019年天皇賜杯、「神出設計エコアハウス」はこのメンバーで戦います!

掲載日:2019.07.16

2019年7月15日、石狩青葉球場 天皇賜杯・南北海道大会決勝戦
強豪『石狩市役所』と、全国大会進出をかけた最終回
「神出設計エコアハウス」ファースト三木が、最後の最後に、決勝の一点をもぎ取った!

先攻「神出設計エコアハウス」、後攻「石狩市役所」、投手西村が見事なピッチングで抑えぬき、お互い一点も譲らず迎えた最終回。 トップバッターの三木が豪快な二塁打で静寂を打ち破った。 続く市川が、絶妙な送りバントで勝ち越しランナーの三木を3塁に進める。

勝機! さぁ、ここからが正念場だ!

注目のスラッガー岩田(2004年苫駒)がフォアボールを選び、1・3塁とランナーを進めたエコアハウスベンチのサインは「ヒット&ラン!」 チーム全員の熱い思いを背に、2012年の大学野球で名を馳せた捕手中村がバッターボックスに立つ。

誰もが勝利を確信したその時、「石狩市役所」は見事な守備で反撃に打って出た。 三塁手と捕手に挟まれるランナーの三木。 万事休す?! まさに絶体絶命のピンチ。 しかし三木は果敢な走塁で本塁をめざす。

セーフ‼ 「気合勝ちだ! もらった! やったぞ!」

9回裏「石狩市役所」の攻撃は、前日115球完投のエース宮田が西村に代わり登板し、盤石の守備で守り抜く。

決勝戦勝利、おめでとう! さぁ次は全国だ。


軟式野球界では最高峰に位置する「天皇賜杯全日本軟式野球大会」

全国の野球アスリートたちが目標にする大きな大会を、我らが軟式野球部は気力十分で戦い抜き、全国大会進出の栄冠を勝ちとりました。

1回戦、対「札幌日赤」戦 4-1

2回戦、対「JA羊蹄」戦 4-0

準決勝、対「JA道央}戦 4-0(延長10回)

そして決勝戦、対「石狩市役所」 1-0

全国工務店グランプリ第一位・日本一の住宅をつくるエコアハウスのエキスパート達は、野球でも日本一を目指します。

長野で9月13日からはじまる天皇賜杯全国大会、皆さん、応援をよろしくお願いします。

2019年天皇賜杯、「神出設計エコアハウス」はこのメンバーで戦います!

工事部 札幌支店課長

船木 裕貴

社員紹介ページへ