神出設計グループ:野球部情報はこちら

注文住宅と土地探しなら神出設計ecoaハウスにおまかせください

MENU

エコアハウスの家づくり

あたりまえと思うまえに、考えよう。あたりまえの先をすすむ、家づくり。Think!家づくりあたりまえと思うまえに、考えよう。あたりまえの先をすすむ、家づくり。Think!家づくり

昨今の家は強くて当然。
暖かくてあたりまえ。
ほとんどのお客様はそう考えます。
事実、建てたばかりの家には、
特段不満もないでしょう。
でも本当に大事なことは、
住み続けられる品質であるかどうか。
暮らしを重ねるごとに愛着が深まるかどうか。
ビルダーとしての常識にとらわれすぎると、
お客様のための家という本質を
見失いがちになります。
だからエコアハウスは、
「あたりまえの先をすすむ」発想で、
チャレンジを重ねます。

家づくり、あなたはこう考えていませんか?家づくり、あなたはこう考えていませんか?
今どきの家づくり。どこのビルダーも大きな差はない?

強面の棟梁が木材にカンナをかける。1本1本釘を打つ。
ご近所さんは棟上げ式の餅まきを楽しみに待つ。
そんな光景も今ではめっきり見なくなりました。
昨今、建築資材は工場で加工されるのが一般的。
品質に大きな差はありません。
しかしそれを現場でつくりあげる力には大きな差があります。
大事なのは、建築資材をきちんと活かした、
住み心地品質にこだわることと考えます。

エコアハウスはこう考えますエコアハウスはこう考えます
見た目はどこも立派でも、見えにくい性能には差が生まれます。
見た目はどこも立派でも、
見えにくい性能には差が生まれます。
家の良し悪しはどこで決まる?
という、素朴な疑問。

図面では自分の家という実感がなかなかわきません。ところがいざ大工さんが家を建て始めると、急に実感がわいてきます。家の良し悪しは大工さんの腕次第。そう考えても不思議ではありません。しかし私たちはこう答えます。大工さんの経験値や個性に加え、時流を踏まえ設計された図面を忠実に再現することが重要である。それを現実にするのが建築士・建築施工管理技士などの資格を持つ技術者たちです。エコアハウスには国家資格を有する社員が多数在籍。レベルの高い検査の目と大工さんの腕の融合が、家の良し悪しを決めるのです。

施工現場
私たちの勲章を、お客様の誇りに。
工務店グランプリNo.1の施工品質。

家の良し悪しを決定づける図面の再現性。これらを社内評価だけで済ませては、自社の本当の立ち位置は判断できません。そこでエコアハウスでは、図面に基づいた家の品質を外部機関の目で厳しく評価する「工務店グランプリ」に参加。全国から1,354社が参加する中で、「2015年第4回工務店グランプリ」にて1位を獲得。北海道のビルダーとしては初の快挙です。このグランプリは、多岐にわたる項目を指標化し、施工技術の確かさを競うもの。社内評価を超えて「家づくり品質」が実証された、お客様のための勲章です。

工務店グランプリ日本一
MOVIE
もっと知ってほしいエコアハウスのこと
NEXT
家づくり、あなたはこう考えていませんか?家づくり、あなたはこう考えていませんか?
法律のとおり家を建てれば、地震に負けない?

2017年12月、政府の地震調査委員会は、北海道の太平洋側に延びる千島海溝で
マグニチュード9級クラスの巨大地震を初めて想定する新たな長期評価を公表した。
もしこの海域で大地震が起こると、
千歳地区にも甚大な被害がもたらされることが予想されます。
地震に対する家づくりのあたりまえを見直す契機かもしれません。

エコアハウスはこう考えますエコアハウスはこう考えます
国が想定している「以上」を想定する。ルールに縛られないことが大事と考えます。
国が想定している「以上」を想定する。
ルールに縛られないことが大事と考えます。
熊本の視察研修で学んだこと。
それは、耐震の考え方。

2016年秋に行われた震災後の熊本での視察研修。そこで見た景色は、建築基準法に従って建てられた新築住宅が無残に倒壊・損傷している姿でした。熊本地震では短期間で震度7の揺れが2回、6強が2回、6弱が3回発生。大きな揺れが立て続けに起こると、既存の建築基準法とおりの家づくりでは太刀打ちできないことが判明しました。将来的な地震を想定した安心の家づくり。それは、熊本地震のように「繰り返し」の可能性も視野に耐震を考えることから始まります。

熊本城
既存のルールに縛られない。
突破口は、釘でした。

熊本の視察研修では繰り返し起きた大きな揺れで徐々に釘が緩み、壁の倒壊とともに家が崩れる事例に数多く出会いました。その学びから、新耐震技術「木造住宅の外壁下地構造」を導入し、釘が浮かない仕組みを開発。実用新案登録を行いました。このようにエコアハウスでは、従来の建築基準法に定められた耐震の弱点を克服することに成功。ルールに縛られない柔軟な発想で地震大国の家づくりと向き合い続けます。必要と感じれば、都度新しい独自ルールを導入し、耐震のあり方を進化させていきます。

熊本地震で多く見られた家屋倒壊のメカニズム
もっと知ってほしいエコアハウスのこと
NEXT
家づくり、あなたはこう考えていませんか?家づくり、あなたはこう考えていませんか?
法律のとおり家を建てれば、地震に負けない?

北海道は1年のおよそ半分が雪に閉ざされる寒冷地域。
家づくりの歴史は、断熱性の戦いの歴史と言っても
過言ではありません。
各ビルダーが断熱性の在り方を問う中、
いったい何を基準にコタエを見つければ良いのか
困惑しているお客様がいるのも事実。
北海道のビルダーとして、
曖昧に済ませてはいけない問題です。

エコアハウスはこう考えますエコアハウスはこう考えます
断熱・気密・換気・暖房。4つの合わせ技であたたかさはつくられます。
断熱・気密・換気・暖房。
4つの合わせ技であたたかさはつくられます。
ご存知ですか。
千歳は札幌より寒い、という事実。

あたたかさの合わせ技1月の平均最低気温は札幌が-7.0℃、千歳はそれよりも3℃以上低い-10.7℃。千歳の寒さを体感しているビルダーの使命として、エコアハウスではいち早く「本当にあたたかな家づくり」に着そのポイントは、断熱・気密・換気・暖房の「4つの合わせ技」です。断熱、気密、換気に関しては、一級建築士が厳しい目でその性能をチェック。暖房はエコアハウスのオリジナル床暖房(14ページ参照)におまかせ。エコアハウスでは、例えば基礎部分までしっかり断熱するなど、総合的な視点であたたかな家づくりを提案します。

あたたかさの秘密
家そのものが、あたたかいこと。
ポイントは、精度の高い家づくり。

あたたかな家をつくる。これはビルダーの現場力の差が最も現れるところ。そのためには、それぞれの家に適した断熱、精度の高い気密、計画的な換気、そして暖房の合わせ技が不可欠です。とりわけもっとも大切なことは、気密性を高めてあたたかさの放出を防ぐこと。どんなに見た目が立派でも、隙間だらけの家では本当の快適を手に入れることはできません。エコアハウスでは隙間のない施工精度の高い家づくりを目指し、建てた家すべてにおいて気密測定を行います。気密性の高い家をつくるので、併せて有害物質の濃度測定も行い、快適な空間づくりに努めます。

実用新案登録証
もっと知ってほしいエコアハウスのこと
NEXT
家づくり、あなたはこう考えていませんか?家づくり、あなたはこう考えていませんか?
長く住めば家の木材も劣化していく?

多くのお客様は、目に見える部分の品質や
デザインに心が奪われがちになります。
家づくりの本質は、目に見えにくい部分の品質を
高く保つこと。空気もその一つです。
人間だけではなく、木材にも優しい換気のあるべき姿を
エコアハウスは見つめています。

エコアハウスはこう考えますエコアハウスはこう考えます
24時間換気システムを使って、木材の劣化を最小限にとどめます。
24時間換気システムを使って、
木材の劣化を最小限にとどめます。
木造住宅に必要なのは、
目に見えない部分の換気。

いまどき、どんな家でも2時間に1回、空気が入れ替わるのはあたりまえ。本当に必要なのは、壁の中や縁の下の土台といった、見えない部分までしっかり換気を行うことです。適切な換気が行われていない家の木材は、20年ほどでカビが生えたり腐ったりすると言われています。木材の劣化は気密性や耐震性など、すべての性能を著しく低下させてしまいます。エコアハウスの独自技術で生まれた24時間換気システムなら、室内はもちろん木材構造自体を適切に換気し、劣化を防ぎます。

実用新案登録証
空気の循環によって、
家の木材が腐ることをしっかり防ぐ。

エコアハウス独自の24時間換気システムは、空気の換気経路がとても特殊です。外壁材と耐力材の間の通気層から取り入れた外気は、やがて床材を通過し床下へ。その空気をモーターで回収し外へ強制排気します。こうして木材を這うような空気の流れをつくることで乾燥状態を保ち、木材の経年変化や腐食などによる劣化を最小限にとどめます。長持ちする家、その秘密は空気の循環にあります。特殊な換気経路は高い気密性を誇るエコアハウスだから実現できることなのです。

循環
MOVIE
もっと知ってほしいエコアハウスのこと
NEXT
家づくり、あなたはこう考えていませんか?家づくり、あなたはこう考えていませんか?
長く住めば家の木材も劣化していく?

もはや北海道の暮らしの必需設備となった床暖房。
足元からあたためるこのシステムは、
冬の救世主と言っても過言ではありません。
しかし同じ床暖房でも、施工方法によって
快適の質には大きな差が生まれることも。
目に見えにくいシステムだからこそ、
床暖房のあり方を考えることはとても重要だと思うのです。

エコアハウスはこう考えますエコアハウスはこう考えます
エコアハウスオリジナル床暖房が、快適の常識を一変させます。
エコアハウスオリジナル床暖房が、
快適の常識を一変させます。
ちょうどいいあたたかさをつくる、
オリジナル床暖房。

一般的な床暖房は薄いフローリングの下に温水パイプを這わし、約60℃のお湯を循環させ室内をあたためます。室温は真冬でも25℃もあれば十分なので、薄いフローリングから伝わる60℃近い高温は必要ありません。エコアハウス独自に開発した「オリジナル床暖房」と一般的な床暖房との違いは、フローリングの下にある約150mmの床構造材の下に温水パイプを敷設していること。厚みのある床材からじんわり伝わる伝導熱は、赤ちゃんがハイハイしても安心できる快適なぬくもりです。

オリジナル床暖房
あたたかいだけじゃない。
経済性やメンテナンス性にも大注目。

従来の床暖房は温水パイプを点検する際、床を破壊する必要があり現実的とは言えません。メーカーの見解として温水パイプの寿命は一般的に30年と言われていますが、地震等のアクシデントにより故障する恐れも。目に見えない配管設備を30年も使い続けることのほうが不安に感じます。エコアハウスのオリジナル床暖房の温水パイプは、床下に人が入り容易にメンテナンスを行うことができます。定期的な点検で安心を手にする。大規模な修理・交換のリスクを減らす。長い目で見てメンテナンス費用のお得は、オリジナル床暖房に軍配が上がりそうです。

メンテナンスも簡単!
もっと知ってほしいエコアハウスのこと
NEXT
家づくり、あなたはこう考えていませんか?家づくり、あなたはこう考えていませんか?
建築途中の家。雨が降っても雨ざらしのまま?

完成した家を引き渡すことが私たちの仕事ではありません。
お客様の未来を預かる責任として、
納得のいく家を引き渡すことが、私たちの使命です。
その想いは、建築途中の現場にも注がれます。
終わり良ければすべて良しではありません。
工事の過程もおろそかにしない。
それが、エコアハウス品質の基本です。

エコアハウスはこう考えますエコアハウスはこう考えます
エコアハウスでは工事中の家を、雨ざらしにすることはありません。
エコアハウスでは工事中の家を、
雨ざらしにすることはありません。
一棟入魂の家づくり。
一つ一つの建材にも、愛情を込めて。

他社はできない優しい家づくり。
エコアハウスには譲れないポリシーがあります。それは、季節や天気に関わらず、1日の工事の締めくくりとして、家や材料をブルーシートでしっかりと守ること。雨や雪にさらされた建材は含水率が上がるため、強度が落ちてしまいそのまま使用すると木材に歪みが生じ、家に隙間をつくる原因にも。気密性を何よりも重視するエコアハウスにとって、これは許されない事態です。工事中のブルーシート、エコアハウスではあたりまえの風景です。

一棟入魂
行動指針の見える化として、
現場の作業員のスキルアップにも。

毎日ルーティンで行われるブルーシートによる養生。こうした作業は行動指針でもある5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)に基づいて行われています。一棟一棟、工事現場の状況は異なります。規律を大切にすることで忠実かつ確実な仕事を行い、施工精度の向上に結びつけます。同時に、作業員の不用意な事故を防ぐ狙いもあります。一つ一つの作業の意味を全員が理解することで、お客様の家はつくられています。

作業員
もっと知ってほしいエコアハウスのこと
NEXT
家づくり、あなたはこう考えていませんか?家づくり、あなたはこう考えていませんか?
家の品質は第三者の目で確認するから安心?

定期的にお茶の間を騒がす家の品質の問題。
家の善し悪しはビルダーの技術度によって
大きな違いが生まれます。
家は一生に一度の買い物。
だからこそ、目に見えない細部まで
しっかりと目配せできるシステムが欲しい。
家づくりにおいて品質確認は、
第三者機関が行います。
外部の目が入るから安心。
これ、本当でしょうか?
私たちは、さらなる安心の追求を行っています。

エコアハウスはこう考えますエコアハウスはこう考えます
第三者機関の検査に加え自社検査の結果をお客様へ開示。包み隠さない自信が確かな品質の裏付けです。
第三者機関の検査に加え
自社検査の結果をお客様へ開示。
包み隠さない自信が
確かな品質の裏付けです。
設計事務所品質とはすなわち、
家づくりに必要な総合力の厚み。

エコアハウスには、一級建築士や一級建築施工管理技士をはじめ、国家資格を有する社員が多数在籍。中でも一級建築士の存在は、家づくりにおいて心強い味方となります。一般的に一級建築士の仕事は設計プランを考え図面を起こすことですが、エコアハウスの場合、自分が描いたプランがきちんとカタチになるよう、現場にも足を運び最後まで管理業務に携わります。また、多様な有資格者がお客様の理想とする家づくりをサポート。設計変更などさまざまなご要望に対し、スピーディーかつ的確な作業で期待にお応えします。

総合力
自社で検査する方が安心、
という、本当の話。

おおかたのビルダーでは、家を引き渡す前の品質確認は第三者機関に依頼するほかありません。外部の目が入るので安心に思えますが本当でしょうか。検査費用は工事費に含まれており、少しでも安くお客様に提示するために必要最低限の検査内容にとどまるケースがほとんどです。エコアハウスでは、第三者機関の検査のほか、さらに一級建築士と一級建築施工管理技士が中心となり自社で検査を実施。検査結果は全てのお客様に開示することも社内ルールにしています。家の品質は検査の精度が決め手なのです。

設計図など
もっと知ってほしいエコアハウスのこと
NEXT
家づくり、あなたはこう考えていませんか?家づくり、あなたはこう考えていませんか?
家づくり。土地は探してもらえばいい?

自分の家が欲しい。
こうした気持ちが芽生えた時、最初に考えることは
「どんな家に住みたいか」「どんな場所に暮らしたいか」
ではないでしょうか。
前者はビルダーを決めた後でも相談できますが、
後者はビルダーによって提案できる差がはっきりと
現れます。土地もビルダーにおまかせ。
それは決してあたりまえではありません。

エコアハウスはこう考えますエコアハウスはこう考えます
土地を探すことよりも、土地を所有していることに意味があります。
土地を探すことよりも、
土地を所有していることに意味があります。
自社で所有する土地情報、
常時100区画以上。
「探します」と「あります」の違い。

いざ土地を探し始めても、欲しいタイミングで理想の土地が手に入るとは限りません。そうしているうちに、家づくりの機を逃してしまうなんてことも。それが土地を「探します」の限界なのかもしれません。エコアハウスはこう答えます。常時100区画以上の社有地が「あります」。エリアの市場性や将来性、形状、地質など、あらゆる側面から検証を重ね、価値を認めた土地だけをご提供。千歳地区を知り尽くすエコアハウスだからこそ手に入れられる、質の高い土地の数々。土地に関するアドバイスも、エコアハウスの得意分野です。

常時100区画以上
社有地が多いビルダーは、
家を買いやすいビルダー。

土地の購入を申し込む時には、概ね土地代金の10%程度の手付金が必要になります。また土地を探してもらった場合、不動産仲介会社に支払う仲介手数料が発生します。エコアハウスの土地は社有地なので、手付金も仲介手数料も必要ありません。土地代金の支払いも家が完成した後で良いため、スムーズな資金計画を立てることができます。また、気になる土地を見つけたら、あなただけの仮おさえとなり、検討している間に「売約済み」になる心配はありません。その土地に建物のプランを当てはめながらじっくりとご検討いただけます。

エコアハウスなら手付金も仲介手数料もかかりません
もっと知ってほしいエコアハウスのこと
NEXT
家づくり、あなたはこう考えていませんか?家づくり、あなたはこう考えていませんか?
いい図面があれば、家づくりは、後悔しない?

家は安心できて快適なものでなければ意味がありません。
でもその前に、家族らしさが反映できる
夢の空間でなければいけないと思うのです。
しかしそのイメージは、ある程度工事が進み
設備が搬入されて初めて見えてくるもの。
何か違う!というお客様の後悔を無くすため、
あたりまえの先にある画期的なシステムを導入しました。

エコアハウスはこう考えますエコアハウスはこう考えます
エコアハウス「e-VRシステム」で、直感的に空間や暮らしをイメージさせます。
エコアハウス「e-VRシステム」で、
直感的に空間や暮らしをイメージさせます。
人の感覚は実に曖昧。
その打破に、VRシステム(仮想住宅体験)で
チャレンジ。

図面だけで家づくりの話が進むのは、お客様にとって不親切なこと。そもそも図面から実際の空間を正しくイメージできる人は、ほとんどいません。広さや高さの感覚も人によってマチマチです。だからエコハウスでは、仮想住宅体験が提案できる「e-VRシステム」をいち早く導入しました。図面から実際の空間を立体的に可視化。まるで家が完成し、そこにいるようなリアリティで空間をイメージすることができます。もし「何か違う!」と感じることがあれば、お気軽にご相談ください。

VR1
あたりまえの先まで
まるごと映し出す、最新システム。

エコアハウス「e-VRシステム」の特徴は、「こんなことまで体験できるの!?」という驚きの提供です。リビングの広さや開放感、吹き抜け、階段などの空間はもちろん、最新のキッチンやバスルーム、床材、壁紙、建具までリアルに再現します。「e-VRシステム」を使えば、感触はありませんがキッチンの実際の高さを体感することも可能。失敗しない設備選びに役立ちます。また、屋根を外して真上から空間全体を見渡すことができるので、家具やインテリアのレイアウトもイメージしや

VR2
もっと知ってほしいエコアハウスのこと
ページの先頭へ
見学会の予約お問い合わせ・資料請求
株式会社ecoaハウス
〒066-0028 千歳市花園2丁目1番5号(道の駅サーモンパーク千歳横)
TEL:0123-23-4879 FAX:0123-22-1403
[登録資格]
一級建築士事務所:北海道知事登録(石)第5902号 特定建設業:北海道知事登録(特-24)石第20920号 宅地建物取引業:北海道知事石狩(2)第7869号
エコアハウス総合パンフレットプレゼント