「輸入住宅の発想を取り入れ 家族の成長に寄り添う住まい」

J-PREMIUM

北海道マイホームセンター森林公園駅前会場に、エコアハウスの最新モデルハウス。 伝統様式にリゾートテイストを添えたデザインに、のびやかな広がりを感じさせる空間構成。 エコアハウスの最新モデルハウスは、太陽いっぱいの心地よい開放感と、自然環境に配慮したライフスタイルがテーマとなっている。

カーポートと一体になったエントランスの重厚な扉を開けると、ダイナミックな吹き抜けのある土間玄関に招かれる。高い位置から降り下ろされる自然光が漆喰の壁をやわらかく照らし、ほっとするような雰囲気に包まれる。腰壁でゆるやかにセパレートされた奥の方は家族専用の靴脱ぎ場で、愛犬のためのシャワーコーナーも。そのままキッチンへ続いているので、お勝手口のように使えるのが便利だ。椅子を置けばちょっとしたインナーテラスにもなり、たくさん植物を飾って温室のように演出することもできる。
 外と内が融合する中間的なスペースは、この家の楽しさを物語るイントロダクションのようだ。

玄関からリビングは階段ホールでゆるやかにゾーニングされ、壁や扉による仕切りは極力設けないのがプランの特徴でもある。オープンな空間をゆったりと味わいつつ、それでいて場所ごとに多彩な過ごし方ができるのが魅力的だ。
 たとえば、コーラルストーンで仕立てたファイヤースペース。欧米のマントルピースをイメージした空間にはペレットストーブが据えられ、住まいの見せ場になっている。火のあるところは暖かな拠り所となって、おのずと家族を集めることだろう。

 
 大きな窓に面したリビングは外のウッドデッキとつながって、季節や時間ごとに異なる光が気持ちのいい空間。太陽がまぶしいときはオレンジ色のオーニングを広げて、カフェテリアの気分に浸ることも。

 ソファの後ろ側には石の壁で一部目隠しされたフレキシブルなコーナー。子育て中はキッズルームとして、大人中心の暮らしであればライブラリーや書斎として、いかようにも使いこなせるのがうれしい。

 
 住空間には欧米的ライフスタイルの発想が随所に盛り込まれ、ホームパーティがお似合いのキッチンもそのひとつ。木の表情豊かなカウンターや背面の食器棚は、自然素材を使ったインテリアに調和し、みんなで食べたり飲んだりが余裕で楽しめる広さ。食器棚の延長にはミニシンクを備えたミセスコーナーがあり、お出かけ前のメイクも手軽にできそうだ。

玄関からリビングは階段ホールでゆるやかにゾーニングされ、壁や扉による仕切りは極力設けないのがプランの特徴でもある。オープンな空間をゆったりと味わいつつ、それでいて場所ごとに多彩な過ごし方ができるのが魅力的だ。
 たとえば、コーラルストーンで仕立てたファイヤースペース。欧米のマントルピースをイメージした空間にはペレットストーブが据えられ、住まいの見せ場になっている。火のあるところは暖かな拠り所となって、おのずと家族を集めることだろう。

 
 大きな窓に面したリビングは外のウッドデッキとつながって、季節や時間ごとに異なる光が気持ちのいい空間。太陽がまぶしいときはオレンジ色のオーニングを広げて、カフェテリアの気分に浸ることも。

 ソファの後ろ側には石の壁で一部目隠しされたフレキシブルなコーナー。子育て中はキッズルームとして、大人中心の暮らしであればライブラリーや書斎として、いかようにも使いこなせるのがうれしい。

 
 住空間には欧米的ライフスタイルの発想が随所に盛り込まれ、ホームパーティがお似合いのキッチンもそのひとつ。木の表情豊かなカウンターや背面の食器棚は、自然素材を使ったインテリアに調和し、みんなで食べたり飲んだりが余裕で楽しめる広さ。食器棚の延長にはミニシンクを備えたミセスコーナーがあり、お出かけ前のメイクも手軽にできそうだ。

勾配屋根に天窓のあるフリースペースは、夏の短い北国で少しでも日の光を感じて暮らせるようにとの配慮から。晴れた日には広々としたルーフバルコニーで、さわやかな風に吹かれるのも気持ちいい。

家族とのふれあいを育むオープンな空間でありながら、ひとりの時間も大切にする工夫が満載のモデルハウス。その、ときめくような暮らしの提案を、ぜひ現地で体感したい。