あたりまえと思うまえに、考えよう。 あたりまえの先をすすむ、家づくり。 Think!家づくり。

昨今の家は強くて当然、暖かくてあたりまえ。ほとんどのお客様はそう考えます。 そして、建てたばかりの家には、特段の不満もないでしょう。 でも、本当に大事なことは、長く快適に住み続けられる品質であるかどうかです。 そこで、エコアハウスが考える家づくりをお話しします。
  • 1 
    全国工務店グランプリ№1の施工品質今どきの家づくり。どこのビルダーも⼤きな差はない?
    Open or Close

    ⾒た⽬はどこも⽴派でも、⾒えにくい性能には差が⽣まれます。

    家の良し悪しはどこで決まるのか?⼤⼯さんの経験値や個性、腕だけでは決まりません。 精度の高い「施工品質」が鍵になります。

    もっと見る

  • 2 
    地震に強い家法律どおりの家を建てれば、地震に負けない?
    Open or Close

    国が想定している「以上」を想定することが⼤事と考えます。

    2016年4月に発生した熊本地震から学んだ耐震の考え⽅。 熊本地震では短期間で震度7の揺れが2回、6強が2回、6弱が3回発⽣し、新築住宅が無残に倒壊・損傷。

    もっと見る

  • 3 
    暖かさの秘密家の暖かさ。決め⼿はズバリ断熱材?
    Open or Close

    断熱・気密・換気・暖房。4つの合わせ技で暖かさはつくられます。

    札幌より平均気温が約3℃も低い冬の千歳の寒さを体感している私たちが出した結論は、 「隙間のない精度の⾼い家づくり」と「断熱・気密・換気・暖房の4つの合わせ技」でした。

    もっと見る

  • 4 
    換気による木材の劣化防止⻑く住めば、家の⽊材も劣化していく?
    Open or Close

    24時間換気システムを使って、⽊材の劣化を最⼩限にとどめます。

    ⽊造住宅にとって本当に必要なのは、壁の中や縁の下の⼟台といった、⾒えない部分までしっかり換気を⾏うことです。エコアハウスの「換気」とは、室内だけでなく建物構造部も換気する事。

    もっと見る

  • 5 
    オリジナル床暖房床暖房の快適さはどこも変わらない?
    Open or Close

    エコアハウスのオリジナル床暖房が、快適の常識を変えました。

    ⾚ちゃんにも優しい、オリジナル床暖房。 一般的な床暖房は薄いフローリングの下の温水パイプにお湯を循環させ、輻射熱で床を温めます。

    もっと見る

  • 6 
    工事中の養生建築途中の家。⾬が降っても⾬ざらしのまま?
    Open or Close

    エコアハウスでは⼯事中の家を、⾬ざらしにすることはありません。

    ⼀棟⼊魂の家づくり。⼀つ⼀つの建材にも、愛情を込めて。他社はできない優しい家づくり。 エコアハウスには譲れないポリシーがあります。

    もっと見る

  • 7 
    住宅ビルダー品質家の品質は第三者機関の⽬で確認するから安⼼?
    Open or Close

    第三者機関の検査に加え、自社検査の結果をお客様へ開示。家の品質は検査の精度が決めて。

    住宅ビルダー品質とはすなわち、検査品質。 おおかたのビルダーでは、法に定められた通り、検査を第三者機関に委ねています。

    もっと見る

  • 8 
    常時100区画以上の土地情報家づくり。⼟地を探してもらえばいい?
    Open or Close

    ⼟地を探すことよりも、⼟地を所有していることに意味があります。

    ⾃社で所有する⼟地情報、常時100区画以上。「探します」と「あります」の違い。 いざ⼟地を探し始めても、欲しいタイミングで理想の⼟地が⼿に⼊るとは限りません。

    もっと見る

  • 9 
    エコアハウス「e-VRシステム」いい図⾯があれば、室内空間をイメージできる?
    Open or Close

    エコアハウス「e-VRシステム」で、室内空間や暮らしをイメージできます。

    ⼈の感覚は実に曖昧。そこで、e-VRシステム(仮想住宅体験)にチャレンジ。 図⾯から実際の空間をある程度正しくイメージすることは難しく、広さや⾼さの感覚も⼈によってマチマチです。

    もっと見る