お家の査定

掲載日:2020.06.18

こんにちは!営業部の田城雅宏です。

私の仕事の中で不動産の価格査定をする仕事があります。
お問い合わせを頂くのは、住替えをご希望の方や単純に財産整理をしたいという方など
理由は様々です…….ですが「少しでも高く売りたい!」というお考えは同じ様です。
そのような時、査定をする上で内装、外装のメンテナンスが行き届いているかは重要です。

建物に愛情を持って生活してこられたお住まいは、同じ築年数でもキレイで評価が多少変わってきます。

逆にメンテナンスを全くせずに、外壁は傷んで、屋根は錆だらけ…..といったお住まいは、相場よりも価格が低くなりがちです。

とりわけ一番困ってしまうのは「違法建築物と化した住宅」です。

よくあるパターンは、新築の際はきちんと確認申請を通して適法な状態にあった住宅が、「手狭になった為、知り合いの大工さんにお願いして現金払いで増築工事をした」といった場合です。

この場合きちんと増築の図面を作成して確認申請を提出し、完了検査を受けていれば全く問題ありませんが、そうした手続きをしていない場合、建ぺい・容積率オーバー等の違法建築物と化している事も見受けられます。
違法建築物の何が問題なのかというと、「銀行は違法なものに融資をしない」事です。
要は中古住宅として売りに出して、仮に購入希望者が現れたとしても違法建築物であれば
銀行は購入希望者にお金を貸してくれず、購入が出来ない!といった事に陥ります。
建築の申請は色々と複雑ですが、手続きと書類保管はおろそかにしない事が大事ですね。

CIMG9758

CIMG9760


地域再開発室リーダー

田城 雅宏

社員紹介ページへ

過去の記事はコチラ
エコアハウス
アーカイブサイト