スランプ試験

掲載日:2020.07.18

こんにちは!森林公園展示場 新山です!

今回はスランプ試験というものをご紹介いたします。

お家が建つために支える大事な部分は基礎です。

その基礎に使われているのはコンクリートになります。

そのコンクリートはどのように作られているのでしょうか?

コンクリートはセメント、水、砂、砂利からできています。

これらの成分がバランスよく含まれているのかを確認するのが「スランプ試験」です。

コンクリートが固まる前は「生コン」と呼ばれています。

固まると皆様がよく目にするコンクリートになります。

スランプ試験①1

こちらが検査時の写真になります。

このようにスランプコーンの中に生コンを入れて棒で突きます。(25回)

そしてスランプコーンをとります。

スランプ試験②1

そしてスランプコーンの上端からの高さを測ります。

※この時の高さの許容範囲は15.5cm~20.5cmです。

この試験に合格しないとこの生コンは使用することができません。

基準内の生コンでないと住宅への影響、基礎のひび割れ等につながってきます。

スランプ試験をして適切な生コンを使用することにより

丈夫な基礎を作ることができます。

こうした点に着目して見るのもお家を建てる際の1つの大事なポイントですね(^^)


森林公園展示場

新山 敬太

社員紹介ページへ

過去の記事はコチラ
エコアハウス
アーカイブサイト