コロナ渦の生活様式

掲載日:2021.02.09

こんにちはecoa館ショールームの山本です。
昨年より続くコロナ禍で私たちの生活は大きく変わりました。
千歳市で初めてコロナが確認されたのが2020・2・21
もう一年が経とうとしています。誰もがこんなに長く終息
出来ないと想像していなかったのではないでしょうか
コロナ禍の影響を受け、家づくりの考え方も変わってきたという
話を耳にしました。ウイルスを家の中に持ち込まないよう
*玄関近くに手洗洗面を設置し外から帰ってきたらリビングに入る前にうがい・手洗い

*玄関から洗面・バスルームにアクセスできる動線で設計する
*広めのシューズクロークに靴以外にも上着や帽子を収納
これらはコロナ以外の花粉症対策にもなります。


そしてコロナ禍で浸透したテレワーク・リモート授業。
オンライン会議中生活音が気になったりお子様が映り込んだりの
経験をされた方も多かったのではないでしょうか

4k footage of Group video conferencing and online meeting, Working from Home


これを機に日本もこれからは働き方が変わり子育てしながら
自宅で仕事をするなどテレワークの需要が増えてくる可能性が
あります。それを踏まえた上での設計も多くなるでしょう。


密を避けるためお買い物にネット通販を利用するかたも多いかと
思います。災害備蓄にも便利な『パントリー』を設けるたり


ネット購入商品を留守時にも受け取れる『宅配ボックス』はマンションでよく見かけますが最近は戸建住宅でも設置する方が増えてきています。宅配業者を装った犯罪の被害防止にもなるそうです。

今後似たウイルスがいつ発生してもおかしくありません。   住宅に求められている機能性が変わっている今、新しい生活様式に対応できる家づくりをこれからもお客様と共に考え作り上げたいと思っております。


 

ecoa館 

山本 明美

社員紹介ページへ