災害への対策

掲載日:2021.06.30

こんにちは 苫小牧展示場の長です。

今回災害への対策のひとつをご紹介させて頂きます。
 

皆様の暮らしに欠かせないものとして先ずは電力供給があげられますが、停電時での電力供給が長時間に行えなかった場合などと不安に思われたことはないでしょうか

 

いくつかの方法がありますが、先ずはその一つとして発電機を使った電力確保があります。

一言で発電機といっても、ガソリンやカセットガス、中圧のLPガスを燃料として使用するものが一般的です。 但し、災害時にその燃料は調達できるかというとかなり難しくなります。(ガソリンスタンドも混み混みでした)

 

自分のお家でも使用している低圧LPガス(一般家庭で使用するLPガスになります)を燃料として使用できる発電機があります。 実際、停電時にガソリンを燃料とする発電機を使用されていた方も見受けられました。

 

ここでひとつ落とし穴が・・・ 周波数が安定しない電力を使用すると精密機械を伴う電化製品は誤作動を起こし、壊れてしまうなどの被害もあります。

「正弦波インバーター」搭載されているかが、お家でも使える発電機であるか重要なことになりますので、豆知識として頭の片隅に入れておいて頂ければ幸いです。

 

私の家も都市ガスの供給エリアですが、過去に冬季の大規模停電を経験しているだけに、お家の計画の優先事項として取り入れております。

 

ご希望有れば弊社スタッフまでお問い合わせください。


苫小牧展示場 チーフアドバイザー

長 秀章

社員紹介ページへ