家相

掲載日:2022.05.25

営業部の今井です。

今回は家相に関して簡単にお伝えしたいと思います。

数年に1~2回ぐらいですが家相に関して聞かれることがございます。

色々な解釈がありますが中国からの言い伝えの説だと言われています。

(詳しい説明は省略させていただきます。)

 

ここでは家相をどのように見ていくかを簡単にお話ししたいと思います。

(専門家ではないので必ずしも正しいとは限りませんので私が個人的に行っている方法です。)

 

最初にチェックしたいのは張りと欠けです。

下の図を参考にしてチェックしてみてください。

簡単にお伝えすると欠けより張りが良いとの事です。

 

次に表鬼門と裏鬼門の観点から間取りの家相を見ます。

それにはまずは間取りの中心を出すことから始めます。

中心の出し方は下の図を参考にしてください。

 

 

中心がでましたら家相方位表を北に合わせて家相を見ていきましょう。

最後に方位表のどの部分が家相表に当てはまっているのかを照らし合わせてみましょう。

張りや欠け、家相表を全てクリアにして間取りを作ると動線が悪くなったり一番日当たりの良いところにリビングが来なくなったりすることもあります。

参考程度にして風水学なども取り入れながら間取りを考えることをお勧めしています。

 

このブログをご覧になった方々に参考にしていただければと思います。


 

営業部 統括部長

今井 勉

社員紹介ページへ